冬の使者 ジョウビタキです。

秋も深まると盛んに「ヒッヒ」「ヒッ」と鳴き声が聞こえてきます。その声はジョウビタキです。秋になると日本にやってくる渡り鳥ですね。我が家で薪割りを始めるとすぐに近づいてきて虫が出てくるのを待ちます。割れた薪の中にいる虫を見つけるとさっとついばみに来ます。意外と人に慣れていてこうしてカメラに収まってくれました。オスですね。メスはもう少し地味な色合いですが、冬の間は縄張りがあるようで我が家で見かけるジョウビタキはこのオスの個体だけのようです。ふれあいの館の週辺でもよく見かける鳥です。見つけてみてください。スズメと同じくらいの大きさです。IMG_1795.JPG


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック